はじめに

海外では映画や絵画、小説の世界など何かを作り出すという意味で「クリエイティブ」という言葉が使われ、その作り手のことを「クリエイター」と呼びます。当サイトでは、そんなクリエイティブ業界とクリエイターに関する記事をご紹介していきます。

プロの映像制作者になるために!専門学校で1から学ぼう

カチコン

近年の映像ブーム

近年、映像デザインのイノベーション化よって、CGやVFXといったハイクオリティのグラッフィックを活用した映像製作も可能になりました。今や映画やテレビにおいて、これらの表現手法は欠かせないとも言われています。それだけでなく、映像製作の分野は今もなお進化し続けてるというのが現状です。だからこそ、映像分野の仕事は若い人達を中心に、多くの方から注目されているのでしょう。

映像製作を学ぶなら学校へ

1流の映像のプロを目指してデッサンや映像演出、撮影実習などを学びたいなら、映像専門学校に通うといいでしょう。映像専門学校なら映像制作に関するカリキュラムを1から学ぶことができるため、初心者の方でも安心して学ぶことが可能です。また、映像専門学校では同じ夢を持った仲間が沢山いますので、卒業するまで楽しく映像制作について学ぶことができます。プロの現場ですぐに活躍したいなら映像専門学校はオススメできるでしょう。

映像専門学校に通うメリット

映像専門学校に通うメリットはいくつかありますが、「現場で活躍してきたプロが講師として映像製作について教えてくれる」ということが最大の魅力と言えるでしょう。専門学校に在籍している講師はそれぞれで違いますが、それでもプロの講師から学べるのは将来的にも大きなアドバンテージとなりえます。しかも、映像専門学校では勉強に欠かせない施設や設備も充実しており、独学で学ぶよりも遥かに質の高い映像製作を学ぶことが可能です。また、専門学校によっては最先端の映像技術を授業で習うこともあり、より実践的に学べます。

映像専門学校の選び方

今や映像専門学校は全国各地に多数あり、どの学校がいいのか?ということが全くわかりません。しかし、専門学校選びを適当に行ってしまうと後々後悔することも十分に考えられます。そのため、映像専門学校に通うことを決めたら、学校選びはきちんと行なうべきでしょう。幸い、現代ではインターネットによって、各専門学校の評価を簡単に知ることができます。もちろん、ネットの情報は鵜呑みにするのは危険です。しかし、それらの情報を学校選びでは非常に参考になります。正しい情報を見極めて、最終的にはオープンキャンパスなどを活用して学校を決めましょう。

映像専門学校で目指せる職業

CGクリエイター

コンピュータを使用して、2次元・3次元の映像制作を担当する仕事がCGクリエイターになります。CGクリエイターは現実では表現できない世界をコンピュータを使い実現させます。また、必要であれば、紙にデザインを描き出すこともあります。

CGアニメーター

コンピュータを使って、動画(アニメーション)を作る仕事がCGアニメーションになります。CGで描かれたキャラクターや風景に動きを与え、まるで生きているかのような躍動感を演出します。クリエイターとは違い、動きを与える仕事なのでイメージ力が必要な仕事と言えるでしょう。

映像編集者

撮影した映像を短く切ったり、繋いだりして、その映像を見る視聴者にわかりやすくする仕事が映像編集者の役割です。映像編集者はディレクターとも呼ぶこともあり、現場で1番偉い役職な可能性も高いです。なるには、専門的な編集スキルとソフトの使い方に熟知している必要があります。

独学と専門学校の違い

映像について学ぶことに限らず、何かを新しく学ぶときには、「独学か?」「専門学校か?」で悩むことはあるはずです。これから独学と専門学校それぞれのメリットを紹介していきますので、興味がある方はチェックしておきましょう。

独学と専門学校の徹底比較!

独学のメリット

独学のメリットとしては、コストが教材費のみしかかかりませんので、費用が最小限に抑えることができるということでしょう。また、学校とは違い、勉強する時間を自由に決めることができるというのも魅力の一つです。

専門学校のメリット

一方、専門学校のメリットは、現場で活躍しているようなプロの講師から専門知識や技術を学べるということに尽きます。また、学科・コースにもよりますが、それぞれで資格が取得できるというのも最大の強みでしょう。

広告募集中